文旦の皮でジャム
大好きな文旦が出回っています。見た目はグレープフルーツに似ていますが、ポロポロと皮離れがよく、シャキシャキ感があって、さわやかな香りがたまりません。

皮も厚くて、そのまま捨てるにはもったいない、ジャムでも作ってみようと思い立ちました。文旦の実は食べてしまって皮だけで作りました。実をいれたら贅沢なジャムになるんだろうけど。

皮の白い部分は少し削って、細かく千切りにします。計画性がないので、一晩水につけておくなんて面倒なことはしません。水から煮て沸騰して、少し煮たら水をこぼすという作業を3回繰り返しました。

また水を替えて、ことことと煮ます。焦げないようにときどき見ます。砂糖は皮1つ分で大匙2杯強入れました。(ジャムは重さの半量の砂糖を入れるのがふつうのようですが) トロミはあまりつきません。

ほんのり甘い、(というか、ほとんど甘くない)文旦のジャムは、ジッパー付きの袋に平らに伸ばして冷凍します。使う分だけ出して食べます。

   ↓  これは小さめの文旦で、1個400g
c0039924_20592566.jpg

   ↓  1回分ずつ解凍して使う  さわやかでとてもいい香りです
c0039924_2121412.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2012-03-05 21:06 | 家庭と暮らし
<< Flash 子豚の動く目 Flash あずき ねむくな~... >>