桜の色に染まる
東京では満開、こちら船橋も7分咲きくらいになりました。

抜けるような空の午前中、あずきと桜を撮りながらの散歩。夕方も花見客を見ながら散歩。


「長屋の花見」なんていう落語もありますが、桜には人の気持ちを動かす何かがあるのでしょうか。

  ↓ 朝の9時半過ぎ  シートで場所取り シートの色が無粋ですけど・・・
c0039924_202021100.jpg

  ↓ 午前中は雲一つありませんでした
c0039924_20214380.jpg


c0039924_202329.jpg

  ↓  花のトンネル
c0039924_20232486.jpg

  ↓  桜の下にはテニスコートがあるんです  
c0039924_2024651.jpg


c0039924_20265594.jpg



ところで、桜の花を愛でるというのは、それほど古いことではないそうです。むしろ日本では観梅の方が行われていたという説があるそうです。もっとも桜は中国から入ってきた梅より前からあったとも言われているので、なにがほんとかはわかりません。(まぁ、どちらでもいいけれど)

桜は梅に比べて華やかだけどはかなげで、散り際が美しいとか、日本人のウェットな心情に合っているのかもしれません。
[PR]
by sakura_nsmr | 2012-04-07 20:28 | 家庭と暮らし
<< Flash ボタンクリックで色... Flash ドロボー待て~~ >>