何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)
近くの公園では水のない池に花ショウブが咲いています。通路の両側にはアジサイが。

どちらも雨が似合う花ですね。



ところで、『何れ菖蒲か杜若(いずれあやめかかきつばた)』ということわざがあります。

どちらも美しくて甲乙つけがたいというような意味です。


コメントを寄せてくださったNTLさんによると、アヤメもカキツバタも花ショウブもアヤメ類は英語ではみんなIrisですむそうです。

日本語は細かいというか、繊細というか、そこがいい点でもあるんでしょうけど、ちと面倒ですね。

どこが違うのか知らなくたって何も困らないのですが、一応簡単に区別をつけるには花の模様を見るといいそうです。

下の写真は、岡山県自然保護センターのホームページから転載させてもらいました。

    ↓ 花びらの模様と色で区別ができるんだそうです 
c0039924_2135670.jpg


アヤメは綾目状の模様、カキツバタは白い目の模様、花ショウブは目の模様が黄色。この写真はわかりやすいですね。
[PR]
by sakura_nsmr | 2012-06-07 21:13 | 家庭と暮らし
<< Flash カエルが出たり隠れたり Flash 6月の花 >>