アフリカの香り
先週のことですが、ケニアの民族楽器を日本人が演奏するというミニライブを聴いてきました。

ケニア・ルオ族の男性だけに伝えられてきた、ニャティティという弦楽器。若い日本人女性がルオ族の部落で生活を共にししながら、男性の師匠に弟子入りし、世界初の女性ニャティティ奏者になった向山恵理子さん。

芸名はアニャンゴ。午前中生まれた女の子はアニャンゴ、男の子はオニャンゴというのでついた名前だそうです。

向こうの言葉で歌ってくれましたが、アフリカ土着の土の匂いというより、アニャンゴの伸びやかな歌声と、豊かで素朴な弦楽器・ニャティティの音と、さまざまなパーカッションの音も楽しんできました。

最後に歌った歌は、「男も女も老いも若きも肌の色や住んでる国が違っても、みんなおなじ人間じゃないか」というような古くから伝わる歌でした。

  ↓ これがニャティティ  3つを使いこなしていました
c0039924_21251092.jpg

  ↓ ニャティティの裏側 アフリカらしい模様と色彩と・・・・
c0039924_21261073.jpg

  ↓ パーカッションの数々 後ろにはアニャンゴさんの映像が映し出されています
c0039924_21271614.jpg

  ↓ カリンバ(親指ピアノ) パーカッション奏者の手作りだそうです
c0039924_2129084.jpg

  ↓ ニャティティ奏者のアニャンゴさん 演奏終了後のサイン会
c0039924_2131523.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2012-09-27 21:43 | 家庭と暮らし
<< Flash 簡単な間違いさがし Flash 色違いの万華鏡 >>