初詣と Flash 今年もよろしく!
2013年の幕開けです。

あけましておめでとうございます。今年が良い年でありますように!



元日に初詣に行ってきました。有名な神社・大きな神社は避けてます。ほとんどが「犬厳禁」ですから。

というより、近くて、すいてて、散歩代わりに行って来られて、犬がいてもOKそうな神社、しかもどうせ出かけるなら恵方の方角がいい・・・・・こんなワガママな場所を探したら、車で20分くらいのところにありました。

習志野市にある「天津神社」  カメラを忘れてきました。

           ↓   ウィキペディアから借用しました
c0039924_20274635.jpg



それは、小高い丘の森の中にありました。周りは谷の様に低くなっています。

どうやら裏(脇?)から入ったみたいですが、鳥居のわきに、「犬の落し物は、飼い主が持ち帰ってワン!」という犬のイラスト付きの小さな看板がありました。「犬厳禁」なんて書いてありません。

参拝客はと・き・ど・き、パラパラとやってくるといった神社です。こういう名もない小さな神社がいい。


小さいけれど、拝殿や社務所には人がいて、参拝客のたびに中から人が出てきて、お祓いをしてくれるのです。


私たちがお社の前に立つと中から、手に大幣・おおぬさ(白い紙でできたお祓いをするための道具)を持ち、白衣を着た人(宮司さんか氏子さんかは不明)が、出てきました。


「ふたりで鈴を振ってください」  言われた通りやる。

「お賽銭をここに入れて」      財布から小銭を取りだしさい銭箱に。

「二回おじぎして、二回拍手して。おじぎするとき、ここ(賽銭箱)に頭をぶつけないようにね」 
                     これは神社でのお参りの仕方ですね。
「最後にもう一回礼してください」  

二拍手したあと、「今年もかぜをひかないように・・・・ムニャムニャ・・・」のごく短い祝詞(のりと)を聞いて一礼しておしまい。

小さな神社だけど、来る人ごとにお祓いするんです。こんな丁寧な神社、あまり見かけません。


志村けんの「もしものコーナー、こんな神主がいたら・・・・」を思い出してしまった(笑


連れ合いは、「奥で酒盛りしてたんだな。それが楽しみでやってるんだろうからね」  
まぁ、これはオフレコよ。


こんな人間臭い神社って面白くて楽しい。こういうのが氏神様のルーツなんだろうなと思ったことでした。


Flash
c0039924_2027110.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2013-01-01 20:43 | Flash
<< 町の中のお正月 今年もあと2日 >>