車載専用車に乗る
用事で車で出かけました。あずきも一緒です。

今日は土曜日で、道路もいつもより混んでいました。

乗って小一時間ほどしたころ、車内に焦げ臭いような異臭がしました。ゴムが焦げたような・・・・

「ちょっと変な臭いがするね」 臭いは私の方が敏感です、良いのか悪いのか。

「なんだか車の動きが悪いんだ。クラッチの動きが重くてスピードも出ない」
しばらく前からちょっとおかしかったそうですが、次の車検まで何とかなるかと思っていたそうです。

ちょっと走りながら考えて、じきに「このままでは家まで戻れなくなる。これ以上は動かさない方がいいな」

その日の予定は取り止めて、10時になるのを待ってディーラーに電話。

ラッキーなことに買った当時の担当者がいてくれて、「2時間くらいかかりますけど、これから車でいきます」

どんな車が来るんだろう?空き地にマイカーを止めて待つこと、2時間。  キャリアカーでやってきてくれました。

キャリアカーの脇腹には「車載専用車」と書いてあります。

まず荷台を下げ、斜めに傾け、うちの車を載せてから前後をワイヤーで固定、元通りに荷台を上げて、マイカーは無事キャリアカーに収まりました。

私たち二人と1匹は、高くなったマイカーによっこらしょっと乗り込みました。バスの後部座席の高さから眺めているような感じで販売店まで帰ってきました。(途中1回、ワイヤーの締め直し) 

ときおり、ガックン、ガックンと追突されたような衝撃を感じ、そのたびにあずきはビクッ、ブルブル震えて。



きょうは文字通り、車上の人になりました。(笑

こういう経験はあまりすすめられませんけどね。
[PR]
by sakura_nsmr | 2013-03-16 20:20 | 家庭と暮らし
<< 家の外壁塗装中 Flash トランプマークを... >>