たまには精進料理で
今朝の新聞で、精進料理研究家の「ミョウガのばらずし」を見て、これなら家にあるもので作れそうだと早速準備に取り掛かりました。載っていたものとは材料が少し違いますが…・

          ↓ 少雨のせいか、小ぶりのミョウガ  縦4つに切り梅酢に漬ける。
c0039924_19462443.jpg

      ↓  干しシイタケ・こんにゃく・油揚げ・ニンジン・ゴボウを煮含める。
c0039924_19482621.jpg

ミョウガを薄めた梅酢にしばらく漬け、その間に干しシイタケ・こんにゃく・ゴボウ・ニンジン・油揚げを煮含め、酢めしに混ぜ上にミョウガを飾ります。


  ↓ 上にインゲンとミョウガを飾って出来上がり。 これでご飯は1合(二人分)です。
    奥の右は京ナス、左は肉もどきの唐揚げ風です。
c0039924_19502215.jpg



精進ついでに、「まるっきりお肉」の唐揚げ風と、京ナスの焼き物(上に練り味噌を塗って)で、肉・魚っ気なしの献立でお昼ご飯になりました。

c0039924_1954128.jpg


「まるっきりお肉」は、大豆と玄米で出来ています。味は「だ・い・ず」です。

肉の味はしませんが、そういうものだと思って食べるとおいしい。


練り味噌を電子レンジで作るときに、アツアツのラップをはがそうとして指を火傷しました。ラップをはがすときはくれぐれもご注意くださいね。
[PR]
by sakura_nsmr | 2013-07-20 20:10 | 家庭と暮らし
<< 180回目のちばわんいぬ親会 Flash なんていう単語でしょう? >>