手作り香辛料
今はいろいろな香辛料が出回り、生のものから瓶詰めまで種類もたくさん増えました。

イタリアン料理にエスニック料理にと、珍しい香辛料も見られますが、何にどれを使ったらいいかイマイチわからないとこがあります。

手作りの香辛料を作ってみました。
c0039924_2324847.jpg


1つは赤唐辛子(タカノツメ)の酢漬け、もう1つはフェンネルのオリーブオイル漬け、そして梅干の赤紫蘇をフードプロセッサーで砕いたゆかりの3種類です。

唐辛子とフェンネルは植木鉢で育てたものです。青唐辛子を酢漬けにすると色が変わってしまいますが、赤くなったものを漬けると鮮やかな色がそのままです。

フェンネルは茎を食べるらしいのですが、私は種を採ってカレー料理や肉料理に使っています。
c0039924_2331988.jpg

今ハマッているのが、焼き野菜の甘酢漬けです。葉物以外の野菜ならなんでも。にんじん、かぼちゃ、インゲン、ピーマン、パプリカ、ナス、トマト、ブロッコリー、きのこ、だいこん、ズッキーニ、キャベツ、豆類、オクラなどの中からあるものを使います。

一口大に切った野菜を油を敷いたフライパンでで炒め付け、酢・砂糖・醤油のたれで絡めるだけ。少し甘目がおいしい。温かいのをすぐ食べてもいいし、冷たくしたのもおいしい。野菜がたくさん食べられます。

そのとき、唐辛子の酢漬けをいれると、ピリッとしまって、辛いけどクセになります。

一語一絵
唐辛子
ふらんす語        piment       ピマン

フランス語でピーマンは、<poivron ポワヴロン>なんです。これもこんがらがりそうです。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-15 23:20 | 家庭と暮らし
<< 草取りにひざ当て コスモス  >>