2013年 06月 24日 ( 1 )
4本足の市民
しばらく前から問題になっている、ギリシャの経済危機。小さな国なのに、その影響は世界におよんでいます。そのギリシャ・アテネの話です・・・・

緊縮財政で市民の生活も苦しくなり、飼いきれなくなって犬・猫を捨てる市民が増えているんだとか。それでも殺処分はせずに、シェルターで保護し、2週間かけて予防注射や去勢・避妊手術とマイクロチップを埋めて、新しい飼い主が現れなければ、街に放すそうです。

そう、アテネ版地域猫です。犬だから地域犬です。

中には人を咬むような凶暴な犬もいて、そんな犬は再教育して再び路上に放つか、番犬としての素質を生かして警備会社などに引き取ってもらうようにしているんだそうです。

財政危機で動物愛護関連の市予算も半分に減らされたけれど、いろいろな団体に負担をお願いして今までの保護策を続けているそうです。

獣医師でもあるアテネ市副市長(環境担当)の話が面白いです。

「アテネは民主主義の生まれた地。人間は他の動物よりも理性的に考えられるのだから、自分たちより弱い『4本足の市民』を守る方法を考えないといけない」



以上は今日の朝日新聞夕刊記事からでした~。




ギリシャの経済危機は、日本にも無縁ではないけれど、それでもこのように考える地方自治の政治家がいるのがうらやましい。





きょうのFlash
   こちらでどうぞ。
[PR]
by sakura_nsmr | 2013-06-24 21:38 | ペット