カテゴリ:東日本大震災( 23 )
明日で丸2年 東日本大震災
また3.11が巡ってきます。あれから丸2年経つというのに、まだまだ復興には程遠いようです。

3.11が近づくと、メディアでは特集を組んで、東北3県の現状が報告されますが、そこから地理的に遠くなるにしたがって、関心が薄れてしまっているように思います。千葉県でも被災した地域があるのですが、直接被害がなかったズボラーは、関心を持ち続けているとは言えません。



今日は各地で東日本大震災の鎮魂の行事や復興支援イベントがあったようです。

自宅近くの公園でも、復興支援イベントがありました。今回が2回目の催しだそうです。

石巻から漁師さんが来て、炭火で焼いたイワシを配布していたり、各地の物産品を売ったりしていました。
ブラスバンドやダンスなどのパフォーマンスもあったのですが、一番混雑していたのは模擬店です。

犬の散歩を兼ねて行ってきましたが、とても混んでいて犬を連れてると迷惑になりそうなので、模擬店で買ったものを食べてそそくさと会場を後にしました。

胡麻団子と牛肉の炭火串焼きを買ったのですが、どこのグループが出店してるのか、どこ(産地)の牛肉だったか、全然覚えていません。 食意地に負けた~。 ヤダヤダ。   炭火焼はやっぱりおいしかったけど!

ワカメもどこか確かめずに買ってきましたが、柔らかくてとてもおいしかった~。たぶん三陸のどこかです(笑)。

買うことで支援に結びつくとはいえ、 ちと情けなかったかな。

でもみんな、東北3県を応援してるから集まったんだろうから、それでもいっか。
[PR]
by sakura_nsmr | 2013-03-10 19:53 | 東日本大震災
ある支援団体スタッフの死
東日本大震災からちょうど8か月。やっと、仮設住宅へ入居し、これから本格的な復興への道のりを進むと思われます。

さまざまな団体が支援を続けていますが、その中に、「難民を助ける会」という団体があります。

「難民を助ける会」は、1979年に、インドシナ難民を支援するために、 政治・思想・宗教に偏らない市民団体として、前会長の相馬雪香が設立を呼びかけた団体です。

3月の東日本大震災のときに、この団体に少しばかり募金しました。

その後、活動報告などが送られてくるようになりました。

つい半月前、1枚のはがきがきました。「トルコ大地震緊急募金のお願い」です。
c0039924_2083240.jpg


はがきは、3人の名前と顔写真とともに、募金協力を呼びかける文面でした。

10月23日に起きたトルコ大震災の調査・支援のために派遣されたワン県で、3人の中の一人、宮崎淳さんが、再度起きた地震で亡くなったというのです。

「こういう人たちが支援に行ってるんだ~」と何気なく手に取ったはがきでしたが、支援の最中に亡くなるというのは、本当にお気の毒です。

もう一人の女性は、けがしたものの、命は助かって何よりでした。

宮崎淳さんのご冥福をお祈りいたします。

そしてまたわずかの募金をしました。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-11-11 20:27 | 東日本大震災
復興くじ
あした9日まで、東日本大震災復興宝くじが販売されています。

普段は宝くじやLOTOも、あまり興味がないので買わないのですが、今回は寄付のつもりで買ってみました。

「この宝くじの収益金は、全額、東日本大震災の被災地の地方公共団体の災害復興に役立てられます」とあります。

当せん額もジャンボなどに比べてずっと少ないです。 


「最低当せん額200円というのもないですよ」とのことです。


発売額300億円(15ユニット、1億5,000万枚)で、これに対応する収益金は約142億円となるそうです。

この収益金が、被災された地域の復興に本当に役立つことを信じたい、です。

c0039924_2134583.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-08-08 21:35 | 東日本大震災
日赤義援金
東日本大震災からもう3か月以上、100日が経って、やっと今日、日本赤十字社と中央共同募金会に寄せられた義援金の2次分が、被災地に送られることになりました。

3か月もですよ。それまで義援金は眠っていたんですね。

被災された方にとってはすぐにでも現金が必要なのに、また寄付をした人たちは、一日も早く義援金が届くようにと急いで送金した人も多いというのに。

一人一人の思いが届くのに、3か月がかかったってわけですね。

15日現在で集まった義援金約2780億円のうち、今日17日の送金1446億円、1次分と合わせて2289億円が被災地に届いたそうです。

これで80%が送られ、あとは追加分として留保されるそうです。

実際、被災された方の手元に届くのは、もう少し先でしょうけど、もっと早くしてほしかったです。




義援金も直接すぐに使ってもらえるようなところに、送った方がお金も生きるかもしれません。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-06-17 23:09 | 東日本大震災
明日で3か月 大震災  Flash 忍
もうというか、まだというか、大震災から明日で3か月が経とうとしています。

まだ、行方不明が8000人も。避難所生活の人たちもいて先の見えない3か月目を迎えますね。

その上、原発の事後処理ではヒヤヒヤの毎日で、静岡県のお茶にまで放射性物質が検出されたということです。

市場に出回っているものは安全とはいうものの、政治もガタガタで、政府や東電の発表が正しい情報なのかと疑心暗鬼になってしまいます。お茶を濁すことだけはやめてね。






福岡県の八女茶をいただいたので、安心して楽しむことにします。

八女茶は茶葉を大目に使って濃く出しても苦みが少ないのが特徴だそうです。


きょうのFlash

東北地方の人たちは我慢強いといわれますが、もう我慢の限界を超えていると思います。

c0039924_22333753.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-06-10 22:39 | 東日本大震災
宅配の生産者
週1で頼んでいる宅配では、全国あちこちからの産物が届きます。
c0039924_22204760.jpg
冷蔵庫に乾燥カットワカメが少し残っています。産地は岩手県宮古市重茂(おもえ)です。

親潮(寒流)と黒潮(暖流)が交差する三陸沖は、海産物の宝庫だそうです。

あの地震と津波以来、重茂(おもえ)産のワカメが配達されなくなりました。

相当な被害があったようです。生産者の皆さんはどうしているでしょうか。








そして、今日届いたのは、在来品種限定の「とくたろうさん」のフキノトウ。岩手県久慈市平庭高原です。

我が家ではとっくにフキノトウは終わってしまいましたが、東北地方では今が旬なんですね。

平庭高原は、内陸に入っているので、被害はあまりなかったそうです。

生産地が太平洋岸東北地方だと、被害の有無が気になります。

少しでも被災産地の応援になればと、義援金付きのセットや福島・北関東の農産物セットを頼むつもりです。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-04-22 22:23 | 東日本大震災
千葉でも地震で液状化
東日本大震災では、三陸地方ほどではないのですが、千葉県でも被害が出ました。

九十九里の海岸地方(旭市)では、津波で人が亡くなったり、家が壊れたりしました。

また、あちこちで液状化の問題が出てきています。

浦安市では、埋立地に造成された新興住宅地やマンション群の液状化が深刻で、長いことライフラインが断たれていました。

同じ埋立地の幕張地区でも街のあちこちに液状化の影響が出ていました。

3週間以上経ちますが、一部応急処置がされていましたが、まだ道路などが波打ったままでした。
マンション街でも、建物との間にすきまができたところもありました。

    ↓ 写真は千葉県幕張地区で撮ったものです(4月3日)
c0039924_22173594.jpg

c0039924_22175486.jpg

c0039924_22181174.jpg

c0039924_22183350.jpg

c0039924_22185556.jpg

    ↓  時々遊びに行く公園の広場も何箇所かに砂が集められて砂山ができていた
c0039924_22191439.jpg



液状化は海沿いの埋立地だけでなく、我孫子市や香取市などの内陸部でも起きていたそうです。

日本には河の氾濫で堆積してできた沖積地に多くの人が集まって生活していますから、液状化は全国的な問題と言えるかもしれません。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-04-03 22:39 | 東日本大震災
Flash ペットのおうちがない
命からがら逃げてきて、避難所生活を余儀なくされている被災者の方たち、ペットがいるとなかなか大変です。

家族同然に一緒に暮らしていたので、避難所に連れて行っても、ペットお断りのところもあるようです。

犬アレルギーや犬が苦手な人もいれば、吠える・臭い・毛が飛ぶ・不衛生など、狭いところでは一緒には難しいですね。電気、上下水道もない避難所では、人間として最低の生活も無理なんですから。

避難所によっては、ペット連れは別室に集めるというところもあるようですが、ペットのことまで手が回らないのが実情です。

エキサイトでは動作しませんので、FC2ブログを見てください。
c0039924_225524.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-04-01 23:01 | 東日本大震災
原発支援海外からも続々
手の打ちようが限られて、行き詰っているように見える東電福島原発。

でも放射能漏れの恐れがあるから、歩を進めないわけにはいかない。

ここへきて、海外から原発支援が増えてきたようです。

アメリカからは、原発内でも作業ができるロボットやカメラと専門家集団や、放射性物質検知センサーなどなど。

フランスからは、放射能に汚染された水の処理技術者とか。

中国やベトナムからは高所から放水できる生コン圧送機など・・・・

それだけ、福島原発から放射能が漏れ出たら大変だという、世界中が心配しているという裏返しとも言えますが、今はいろんな国の助けにすがりましょう。どの国の力でも知恵でも勇気でも借りて、原子炉の冷却をさせなきゃね。





ロボットって、日本は研究が進んでいると思ったんだけど、原発内で使える遠隔操作ロボットって日本にはなかったのかな?






昨日は東京で桜開花とありました。
千葉(わたしのところ)では、まだですね。
太い幹にしがみつくように、つぼみが色づいていました。
c0039924_21472821.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-30 21:58 | 東日本大震災
日々気が重くなる福島原発
被災地は、地震・津波に続いて原発の放射能漏れの三重苦に苦しまされています。

2週間以上たって、少しは避難所などの環境が改善されたという記事を見ますが、先の見えないこれからの生活のことがどんなに心配か、はかりしれません。

原発については、毎日だんだん気が重くなってきます。現場で作業する人たちは、命の危険をおかして奮闘されていることはわかるのですが・・・・

もう少し早く、アメリカやフランスの原発先進国に支援を頼めば良かったのにと、シロウトは考えます。

想定が甘かったのか? プライドが許さなかったのか?  

日本だけじゃなく、世界中に悪影響を及ぼすかもしれないのにね。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-29 22:49 | 東日本大震災