カテゴリ:北欧の旅( 19 )
北欧2首都 ズボラ旅(19) 北の国のワンコたち
日本もペットブームとかで、犬や猫を飼う人が多くなっています。

でも、盲導犬や介助犬以外は電車に乗れませんね。コペンハーゲンでは地下鉄にも連れて乗れます。郊外電車や列車はもちろんです。

車内にわかりやすいマークがでています。コペンハーゲンとストックホルムでは少しずつ違っていて、マークを見てるのも面白いです。

向こうのワンコたちは車内でもおとなしくしています。ほかの乗客は、犬が乗ってきても、素知らぬ振りというか、かまったり、声をかけることはありません。あくまでも、犬は犬だからそれ以上の扱いはしないということかなと思いました。
c0039924_23332469.jpg
c0039924_23334678.jpg


それともよその犬には興味はないよと、ただそれだけかもしれません。
c0039924_23341790.jpg

ストックホルム中央駅で見かけた、振り分け荷物を背負ったビーグルが一番傑作でした。

今日も画像の送信が出来ません。やっと今アップロードできました。

一語一絵
盲導犬(男性)
ふらんす語        chien d' aveugle       シアン ダヴーグル

chienは犬、aveugle は盲人です。
ちなみに、介助犬は chien d' assistance (シアン ダシスタンス) です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-07 23:17 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(18) フェリーの優雅な(?)旅2
そのあと、いくつかの船着場に立ち寄り、やっとバス便のある船着場に着いて、スタッフの人にお礼を言って降りました。

次のバスまで2時間くらい待つことになるのですが、船着場の近くには、小さなお店がある以外何にもありません。パラパラと家はありますが、住んでいるのかどうか。

とにかく少しお腹に詰めて、バスが来るまで近くをブラブラ。どうやら住宅地(別荘かも)が島の先へ行ったところにあるらしいのですが、とても歩いて行くのは無理です。
c0039924_2344165.jpg

c0039924_23442576.jpg


バルト海の水をなめて見ました。日本の海水より塩辛くないのです。海の塩辛さはどこも同じと思っていた私は、ビックリしました。海によって違うんですねぇ。
c0039924_23383351.jpg

スタッフの人が言っていた「バスに乗って、フェリーに乗って・・・・」(私にはそれもチンプンカンプンでしたが)の意味がわかりました。

車ごとフェリーで隣の島に渡るのです。乗り物に乗ったままフェリーに乗る、つまりフェリーは大きな渡し舟だったのです。
バスに乗ったまま、フェリーを2回乗り換えて終点まで行き、そこからストックホルム行きのバスで無事帰ってきました。時間はかかったけれど、ストックホルム・カードが使えたので、バス代はかかりませんでした。(ヤレヤレ)

一語一絵
(女性)
ふらんす語        île       イル
すぺいん語        isla      スラ
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-06 23:55 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(17) フェリーの優雅な(?)旅1
帰国前日は、フェリーでヴァクスホルムという町のある島へ行くことにしました。
ここには、木造の古い町が残っているらしく、リゾート地でもあると、ガイドブックに書いてありました。ヴァクスホルムまで、フェリーで1時間、終点下車とありました。

快晴の朝10時、出発。終点で降りればいいんだと、船旅を楽しんでいました。
c0039924_21431020.jpg


小さなたくさんの島に寄りながら行くらしく、船着場では人の乗り降りがありました。

乗客の中には乗るなり早速ワインを開け、お料理をパクつく人もいます。ホテルで朝食を済ませた私たちはコーヒーだけ飲みました。

揺れもなく、きれいな景色や風を感じて最高でした。
c0039924_21434719.jpg


途中立派な帆船とすれ違うとき、アナウンスを聞いたまわりの人たちが甲板へ駆け寄って行きました。言葉がわからないので、定かではないのですが王室の帆船らしかったです。
c0039924_21441728.jpg


 11時半過ぎてもヴァクスホルムに着きません。“こっちの人はのんびりしてるんだろう。とにかく終点で降りればいいんだから” そう思っていました。

でも、なんだかヘン。食事をする人がどんどん増えるんです。終点が近いはずなのに・・・・

しばらくたって気になって、スタッフの人に地図を見せて聞いてみました。

「今どこですか」 指差したのはヴァクスホルムのずっと先でした。エーッッッ、目が点になりました。

これからまだズーっと先の島まで行くとのこと。そこまで行って、また同じフェリーに乗れば、7時にはストックホルムに戻ってくると言う。

今日中には帰れると思って一安心はしたのですが、ほかの方法はないか聞きました。
「あと30分乗ったところで降りたら、バスがあって、フェリーがあって○×?○×というところまで行けば、ストックフォルム行きのバスがあるから、3時間半で帰れる」

よくわからないけれど、そんなことを言われたらしい。ただし、バスは日に数本しかないという。

バスで帰ることにして、とりあえず追加料金を払いますといったら、こちらもヴァクスホルムで気をつけていなかったからと、追加料金は要らないといわれました。忙しい中、バスの時刻も調べてくれました。本当に親切にしてもらいました。旅で親切にされると、ほんと感激します。

バス便のある島の船着場に着いたら教えてもらうことにして、さらに30分ほどの余分の船旅を楽しみました。ちょっぴり不安な気持ちも乗せて。(つづく)

一語一絵
追加料金(男性)
ふらんす語        supplément       スゥプレモン

最近よく話題になるサプリメントは<補充>というような意味です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-05 21:53 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(16) 市場を歩く
ストックホルムでは2ヵ所の市場に行ってみました。
1つは露天の、もう1つは立派でレトロな建物内にある市場です。

露天(ヒュートリエット)のは、野菜・果物と花が中心、レトロの方(エステルマルム)は、生鮮食料品全般でした。
c0039924_227458.jpg


野菜・果物はわりと小ぶりなものが多いようでしたが、特にベリー類は種類がたくさんありました。

魚はともかく、ハム・ソーセージと、チーズの種類の多さには圧倒されます。
c0039924_2283659.jpg
c0039924_2293987.jpg

魚系は、サーモンがいろいろあったこと、えびの種類が多かったことです。そんなに安くはないですね。消費税が高いですから。

ここで、本場のスモークサーモン(その場で1枚ずつ切ってくれる)と、野菜の炒め物と、ライス(長粒米)を買って、近くの広場で食べました。とってもとってもおいしかった!

一語一絵
チーズ(男性)
ふらんす語       fromage      フロマージュ
すぺいん語       queso        
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-04 22:21 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(15) ストックホルム都心
ストックホルム中心は銀座通りに当たるようなデパートやブランド店が並ぶ通りや、旧市街、新市街などいろいろな顔を持っています。

島がたくさんあって、橋で結ばれています。ぶらぶらしてみました。
c0039924_20433372.jpg

c0039924_20435698.jpg
c0039924_20441934.jpg

c0039924_20444043.jpg

市庁舎の近くから出るフェリーに乗って、一回りしました。イヤホンによる日本語の解説もありました。これもストックホルムカードで乗れました。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-03 20:46 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(14) 旧市街 ガムラ・スタン
王宮はストックホルム中央駅から地下鉄で2つ目、ガムラ・スタンという旧市街にあります。旧市街は狭く曲がりくねった道と坂道が多いところです。

ストックホルム発祥の地だそうです。中世の面影を残す狭い石畳の路地は人であふれかえっていました。

           (写真をクリックすると、画像が大きくなります)
c0039924_16293212.jpg
c0039924_16295496.jpg

                      ↑     ↑
             同じことを考えてる人がいました。先を越された?(笑)
c0039924_16301298.jpg
c0039924_16303094.jpg


 一語一絵
市街
ふらんす語        ville      ヴィル
すぺいん語        ciudad    シウ

旧市街はフランス語で  vieille ville (ヴィエイユ ヴィル)です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-02 16:45 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(13) 王宮 衛兵交替
スウェーデンもデンマークも立憲君主国です。

ストックホルムの旧市街、ガムラ・スタンに王宮があり、その中庭では誰でも衛兵交替が見られます。そのあたりもオープンです。

時間ぎりぎりに行ったら、もう幾重にも人垣が出来ていました。でもロープのようなものは何もなく、ここまで下がってくださいとの合図のたびに人垣が動くだけです。
c0039924_20595645.jpg

交替式は華麗ながらも迫力があり、感動しました。去年台湾で衛兵交替を見たときは、ぴりぴりとした緊張感が伝わってきましたが、ここでは観客は拍手しながらリラックスして見ていました。後ろの男性は、音楽隊に合わせて、ハミングしてました。

さらに、音楽隊の中にも、衛兵の中にも女性がいたことです。電車の女性車掌さんも見かけて、男女平等が進んでいるんだなとそちらも感心しました。
c0039924_210306.jpg

                上の写真は、女性衛兵です。
c0039924_2105143.jpg

衛兵の表情も和やかです。二言三言しゃべったり、いっしょに写真に納まったり、笑顔を見せてくれました。

一語一絵
王宮 (男性)       
ふらんす語         palais royal       パレロワイヤル
すぺいん語         palacio real       パシオレ

       **********************
今日から9月です。アメリカ南部のハリケーン被害、イラクの将棋倒しによる圧死など、天災・人災どちらも多いですね。天災の中にも人災があったり、複雑です。これ以上被害が広がらないと良いのですが。

今月のカレンダーです。
c0039924_21293870.jpg
ワードについているカレンダーウィザードを使いましたが、土日・祝日の文字色を変え、月名・年号をワードアートで作り、ワードで描いたコスモスのイラストを貼り付けました。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-09-01 20:52 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(12) ストックホルムへ
コペンハーゲンから、飛行機で1時間10分で、スウェーデンのストックホルムに着きます。
コペンハーゲン国際空港は、成田のように巨大でしたが、ストックホルム・アーランダ空港はずっと小さいです。しかも、都心までバスで40分以上かかりました。(急行列車もあります)

ストックホルムは、街なかにゴミがコペンハーゲンより多いと思いました。人口や観光客が多いせいかもしれません。

スウェーデンやデンマークなどの北欧は家具やインテリアに代表されるようにデザインがすっきり、シンプルそれでいて暖かさもあると感じます。長く暗い冬を居心地よくするための知恵かもしれないし、アート感覚が優れているのかもしれません。
c0039924_22523274.jpg
c0039924_22531641.jpg

デパートの食器売り場でも、ディスプレイが美しく、地下鉄でも壁や天井に絵が描かれていたり
日常の中にアートが生きていると感じました。

マルメもスウェーデンですが、古いものだけでなく、遠くに新しい建物があるのを見つけました。
c0039924_230177.jpg
そのときは何の建物かわからなかったのですが、帰国後たまたまテレビを見ていて、マンションだということがわかりました。ねじれているけれど、ちゃんと住めるそうです。
こんなデザインも独創的です。

一語一絵
スウェーデン(女性)
ふらんす語       Suède        スエード

スウェーデン語では、 Sverige ですが、正確な読み方はわかりません。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-08-31 23:35 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(11) トイレ
旅行していて、どうしてもお世話になるのはトイレです。

空港、ショッピングセンターなどは無料でしたが、デパートや駅でも有料のところもあります。そして、公衆トイレにも管理人のいるトイレといないトイレがあります。
c0039924_21512436.jpg

コペンハーゲンでは2クローネ、ストックホルムでは5クローナでした。管理人がいれば、おつりがもらえますが、無人だとコインがないと入れません。

カフェやレストランに入れば、もちろんトイレが利用できますが、近くにないときはファーストフード店に入るのも手です。

トイレの写真ばかりでは面白くないですから、コペンハーゲンの風景も一緒に。
c0039924_2211133.jpg

c0039924_22114943.jpg


ニューハウンというところは、昔からの船着場で、アンデルセンが好きだったところだそうです。
観光客で大賑わいで、観光水上バスもここから出ます。(結構高いです)
私たちはコペンハーゲンカードが使える、普通の水上バスに乗りました。船着場はもっと海に近いところでした。            ↓      ↓    
c0039924_2212517.jpg


こちらの水上バスは、船着場が4ヵ所あり、乗り降り自由。観光客にはあまり知られていないらしくて、数人しか乗り降りしませんでした。
でも、船着場がどこにあるのかわかりにくくて、探すのに困りました。

一語一絵
トイレ
ふらんす語         toilette        トワレット
すぺいん語         servicio        セルスィオ

公衆トイレの場合は、どちらも複数形で使います。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-08-30 22:32 | 北欧の旅
北欧2首都 ズボラ旅(10) 日曜日のマルメ
スウェーデンのマルメは、コペンハーゲンから電車に乗って30分ちょっとで行けます。
2000年7月にデンマークのコペンハーゲンとスウェーデンのマルメを結ぶ橋が出来て、簡単にスウェーデンに行けることができるようになったというわけです。

EU域内ならパスポートも必要なし、知らないうちに国境を越えてしまっていました。お金もデンマーク・クローネが使えました。電車はコペンハーゲン・カードが使えます。

そのオレスンド橋(16キロメートル)を渡るともうマルメです。(実は一つ手前で降りてしまって、次の電車を待ったのですが)

昔から交易都市だったというマルメはきれいでおしゃれな町でした。
駅を降りるときれいなハンギングバスケットが出迎えてくれました。
c0039924_21342130.jpg
c0039924_21313963.jpg
c0039924_21321283.jpg

イベントのシニアのコーラス隊も素敵ですが、聴衆もシニアですがとても着ているものがカラフルです。
c0039924_21323722.jpg


マルメで遅いお昼を食べました。みんなテラス席です。どのテーブルも、飲んで食べておしゃべりしてと休日を楽しんでいるようでした。
              ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

EU・欧州連合という壮大な理想を実現化していくプロセスは山あり谷ありです。。EU憲法などまだ問題もたくさんあるし、欠点もあると思いますが、理想に少しずつでも近づこうというヨーロッパの国々の努力はいいですね。

一語一絵
EU(欧州連合)
ふらんす語         Union européenne      ユニオン ウーロペエンヌ

 Union européenneを略して、UE (ユーウー)になります。英語と逆です。 
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-08-29 22:20 | 北欧の旅