<   2005年 10月 ( 35 )   > この月の画像一覧
スタンド 修正版
昨日スタンドをブログに載せたのですが、笠がわずかにずれるのが気になっていました。
今日は、その点を修正して笠がぶれないようにしました。そして、ひもの長さを変えました。

2枚の画像を保存した後、もう一度1枚目をペイントに貼り付け、2枚目は、<ファイルから貼り付け>で貼り付けます。そのとき背景色を透明にしておきます。そして2枚目をきっちり重なるように位置を決め、背景色を不透明にしてから2枚目を保存します。

後はGIFメーカーで動かします。
c0039924_23323895.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-31 23:51 | お絵描き
くるま麩 固さもいろいろ
リンクを張らせていただいている絵子の生活の絵子さんの別館で紹介された、くるま麩のステーキ。

私も麩は好きで、すき焼きには決まって入れますが、ステーキという食べ方は思いつきませんでした。

近くのスーパーで買ったくるま麩で、レシピ通りやってみました。ぬるま湯に漬けても、だしで煮てもちっともやわらかくなりません。高野豆腐に近い感じです。ステーキにしてみても、思っていたプルンプルンの食感があリません。袋を良く見たら中国産となっていました。
この固さがお好みならちょうどいいのですが・・・・

プルンプルンの食感を味わいたくて、再度国産のくるま麩で挑戦です。
c0039924_18395431.jpg


加賀名産のくるま麩でやってみました。国産のは袋の上からすこし強く押すと、崩れるほどのもろさです。
   
これだよ!これ。この味、この食感!やっと思っていた素敵なステーキが出来ました。
やわらかいのが好きなら、是非国産のくるま麩がお勧めです。中国産の約1.5倍の値段ですが。

中国産の食料品には安全性の面で多少の問題もあるようです。すべての食品が問題ありというわけではないでしょうが、安全性が重要な食品では買うときに気をつけようかなと。 値段が安いのは魅力なんだけどナー。

                 ーーーーーーーーーーーーーー
c0039924_2265393.jpg

柿がおいしいですね。フランスには柿はありませんので、フランス語でも kaki です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-31 18:42 | 家庭と暮らし
生垣をさっぱりと刈り込み
玄関の目隠しを兼ねたたった数メートルの生垣。寒くなる前に、夏に伸びた枝をきりそろえておかなきゃ。

生垣カットには、今日はもってこいの日です。、曇りがちで風もないので、下に落ちた葉がよそへ飛んでいきません。c0039924_2048879.jpg

生垣はツゲの木。春に葉に隠れるように小さな白い花が咲いて、今頃黒い実がなります。いろいろな鳥が実をついばみに来ますが、食べかすを落とすのか、フンなのか、道や敷地に点々と黒い斑点を残していきます。

生垣を刈り込んでも、実までなかなかカットできません。実がなくなるまでの数ヶ月は鳥と私の我慢比べです。鳥も生活がかかっていますからね。

生垣は伸びたり、虫がついたりと手間がかかりますが、なにか落ち着きます。

                  *************

日暮れは早くなりましたが、そのかわり秋の夜長です。手元の明かりでもつけて、少しは活字に親しむとしますか。白熱球の明かりは心安らぎます。
c0039924_2101016.gif

       画像は2枚、アニメーションGIFメーカーで作りました。

一語一絵
垣根(女性)
ふらんす語        haie        エ

塀・壁は、mur (ミュール)といいます。女性が履くミュールの綴りは、mule です。r とl の違いがあります。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-30 21:20 | 家庭と暮らし
梅醤油がおいしい!  Flash おむすびころりん 
リンクを張らせていただいているピタゴラスな時間のnanaさんから、梅干を減塩醤油に漬けると、梅干の塩分も減って、漬け込んだお醤油もおいしいと聞いてやってみました。

減塩醤油には数日漬けるらしいですが、私が用意したかめびしの減塩醤油は、真っ黒けでどろっとしているので、一日だけ漬けて梅干を引き上げました。

梅干は少し塩分が取れたような気がします。後の醤油が、梅干の風味のする梅醤油になリました。

ねぎ・しょうが・穂じそを乗せたカツオのたたきを、この梅醤油で食べたらとってもおいしかったです。他の食べ方も考えてみよっと。 焼きおにぎりに塗るのもおいしそう!

今、Flashをおベンキョしているので毎日何かしら作っています。

せっかく山の上まで運んだおむすびが、ああ~~~~~ぁ。おむすびころりん。
c0039924_10341577.gif


一語一絵
しょうゆ(女性)
ふらんす語        sauce de soja       ソース ドゥ ソジャ
すぺいん語        salsa de soja       サルサ デ ソ-

soja は大豆です。直訳は大豆のソースです。ちなみに<みそ>は soja fermenté (ソジャ フェルマンテ)で、発酵された大豆という意味です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-29 10:34 | お絵描き
Flashでシャボン玉 2
もう一度挑戦!!
c0039924_07487.gif

少し良くなったかな?
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-29 00:09 | お絵描き
Flashでシャボン玉
回転するシャボン玉を、Flashで作ってみました。
赤いシャボン玉の動きがちょっとギクシャクしてますね。
c0039924_2321416.gif


あ~~、ムズカシー。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-28 23:07 | お絵描き
やっと出来上がり 花器・置物
陶芸教室を "勝手に夏休み” しながら、のんびりゆっくり作っていたフクロウの花器・置物などがやっと出来上がりました。

どれも手びねりですが、形を作るのと、どんな色の組み合わせにするかが難しいところです。

フクロウ花器は、黄色い大きな目玉が特徴です。ワタシテキにはうまくできたかなと満足です。
c0039924_21291026.jpg


変形U型花器は、子どものフクロウを1匹は花器の隙間にくっつけ、もう1匹は自由に置けるように別にしてあります。
c0039924_21293424.jpg


フクロウとミミズクは、どちらもフクロウ科ですが、耳のような形に見える羽(耳羽)を持つものをミミズクといってるそうです。制作のときにインターネットで調べていて知りました。

メモをしたノートを陶芸教室に忘れてきたので、細かいことは後ほど付け加えます。

サクラ9号は写真ではわかりにくいですが、ベルです。頭を持って振るとかわいい音がします。
太いリボンをつけてやりました。
c0039924_2130445.jpg


現在サクラ10号を製作中です。家中サクラだらけで不気味です(笑)。文句を言わないモデルはこれっきゃないんですもん。

一語一絵
フクロウ
ふらんす語          chouette        シュウェット
すぺいん語          lechuza         レチュ-サ 

ちなみにミミズクは、フランス語で hibou (イブウ)です。 
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-28 22:11 | 陶芸
サクラ 今日もお声がかかる
サクラをつれて散歩に出ると、いろいろな人が声をかけていきます。
声をかけられたサクラは何を言われてもスマシテいますが、ズボラーおばさんはうれしくなります。サクラの代わりに返事をしたり、お礼を言ったり・・・・。

2,3歳の小さな子は、「ワンワン、ワンワン」 「ワンちゃん!」とサクラを指して声を上げます。

小学校低学年・・・・・「あっ、サクラちゃんだ、かわいい」
単純なズボラーおばさんは、自分がかわいいといわれた気分になってしまいます。

小学校高学年・・・・・「さわってもいいですか?」「犬、好きなの?」「好きだけど家で飼えないから」

中学生・・・・「あっ、牛柄だー」  確かにホルスタイン種に似てるけど。
       「かわいいジロちゃん!勝手に名前付けちゃった。ハハハ」 ワタシハサクラ。

高校生・・・・「おいっ。犬!」 大当たり。言われなくても犬ですよー。

大人の人から・・・・「懐かしい犬ねぇ」 「飼ってた犬とよく似てる」 郷愁を誘うのかな。

今日も自転車に乗った5,6歳の男の子からお声がかかりました。
「ワンちゃん、ハロー!」  えぇっ、ハローなんて英語、教えてなかった。
サクラはすまして歩いていました。

家では、部屋に誰もいないと、こんないたずらをしているサクラです。
c0039924_226599.jpg


一語一絵
いたずらっ子・お転婆娘
ふらんす語        polisson(ne)      ポリッソン(ポリッソンヌ)
すぺいん語        bribón(a)         ブリン(ブリナ)
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-27 22:41 | ペット
朝の公園・夕方の公園
日が落ちるのが早くなりましたが、暑からず寒からず、外で遊ぶにはちょうどいい季節です。

犬の散歩でよく行く公園で・・・
c0039924_1457268.jpg

だ~れもいない朝早い公園は、昨日の興奮がまだ残っている。
円形の砂場にできた砂のゲージュツ。
子どもたちの喚声が残像のように聞こえる。
誰もがこんなことして遊んだっけ。
c0039924_14574158.jpg

夕方、真っ白な網を振りかざして、しきりに何かを追いかけている。
「なにとってるの?」 「とんぼだよ」
トンボを追いかけながら、声も後を追いかける。
誰もがこんなことして遊んだっけ。

み~んな、こうして大きくなった。

ミカンが黄色くなりました。 ミカンでも食べて一休み。
c0039924_1513516.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-26 14:52 | 家庭と暮らし
もう1つの木の実 銀杏(ぎんなん)
昨日のしいのみに続いて、銀杏の話です。銀杏は好き嫌いがはっきりしていて、家族の中でも好き嫌いが分かれます。わたしは新銀杏が出ると、幸せな気分になります。

実の果肉のにおいは強烈ですが、その中からあんなにきれいな色の実が出てくるなんて不思議なくらいです。

淡いヒスイ色で、ころっとした形もかわいいですが、あの味と歯ごたえは独特です。

この色と食感を一年中楽しみたくて、この時期、剥いて茹でたものを冷凍保存しています。
c0039924_20373695.jpg


新物が出回ると、少し大量に買って、ヤットコのような殻むき器で固い殻を割り、茹でたら薄皮を剥いて、ジッパーつきの袋に入れ冷凍保存です。こうすると、食べたいときにいつでも使え、なによりヒスイ色がいつまでも残っているのです。

殻むき器はもう10年以上使っています。有次の製品です。銀杏のために買いました。

殻むき器は裂け目を入れるだけで、後は爪が頼りです。だから、銀杏をむくときは、親指の爪をといで・・・、じゃなくて爪を伸ばしておきます。

私にとっては爪や指が荒れても、一年分まとめむきしておきたい代物なんです。

一語一絵
銀杏・ぎんなん
ふらんす語         noix de ginkgo     ノワ ドゥ ジェンコー

noix が殻のある実、ginkgo がイチョウですから、イチョウの実で銀杏になります。ジェンコーという発音は、中国語から来ているので、変わっています。

イチョウはフランス・ヨーロッパにはない植物です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2005-10-25 20:59 | 家庭と暮らし