<   2011年 03月 ( 36 )   > この月の画像一覧
Flash だまし絵 0331
ちょっと気分を変えて、Flashにしました。

一見すると「どこがおかしいの?」という気がしますが、よく見ると「そんなのあり得ない」というのがだまし絵です。

行き詰っている原発でも、そんな手があったのかというような奇策が提案されるといいのですが・・・・

GIF画像は動きもギクシャクしています。元画像はこちらです。

c0039924_22392922.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-31 22:45 | Flash
原発支援海外からも続々
手の打ちようが限られて、行き詰っているように見える東電福島原発。

でも放射能漏れの恐れがあるから、歩を進めないわけにはいかない。

ここへきて、海外から原発支援が増えてきたようです。

アメリカからは、原発内でも作業ができるロボットやカメラと専門家集団や、放射性物質検知センサーなどなど。

フランスからは、放射能に汚染された水の処理技術者とか。

中国やベトナムからは高所から放水できる生コン圧送機など・・・・

それだけ、福島原発から放射能が漏れ出たら大変だという、世界中が心配しているという裏返しとも言えますが、今はいろんな国の助けにすがりましょう。どの国の力でも知恵でも勇気でも借りて、原子炉の冷却をさせなきゃね。





ロボットって、日本は研究が進んでいると思ったんだけど、原発内で使える遠隔操作ロボットって日本にはなかったのかな?






昨日は東京で桜開花とありました。
千葉(わたしのところ)では、まだですね。
太い幹にしがみつくように、つぼみが色づいていました。
c0039924_21472821.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-30 21:58 | 東日本大震災
日々気が重くなる福島原発
被災地は、地震・津波に続いて原発の放射能漏れの三重苦に苦しまされています。

2週間以上たって、少しは避難所などの環境が改善されたという記事を見ますが、先の見えないこれからの生活のことがどんなに心配か、はかりしれません。

原発については、毎日だんだん気が重くなってきます。現場で作業する人たちは、命の危険をおかして奮闘されていることはわかるのですが・・・・

もう少し早く、アメリカやフランスの原発先進国に支援を頼めば良かったのにと、シロウトは考えます。

想定が甘かったのか? プライドが許さなかったのか?  

日本だけじゃなく、世界中に悪影響を及ぼすかもしれないのにね。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-29 22:49 | 東日本大震災
Flash だまし絵 繋がろう
昨日の海外アーティストのチャリティアルバムを購入して、PCで聴けるようになりました。

まず、itunesのフリーソフトをダウンロードします。かなり時間がかかります。

次に、itunes storeでsongs for japanというアルバムをカード決済で購入します。

最後にitunesソフトに楽曲をダウンロードすると聴けるようになりました。曲数が多いので、これも時間がかかります。

購入価格、1500円は大震災への義援金になります(日赤を通じて)

このアルバムだけでなく、世界からさまざまな支援の輪が広がっているのを実感します。

被災した人は言うに及ばず、多くの日本人もショックを受けた災難です。



これからどのくらいかかるかわかりませんが、災い転じて福となるような、いい国にしたいものです。



きょうのFlash

だまし絵(ルノーのロゴマークに似てる?)です。

ねじれたものでも、人と人のつながりで解決して行こうというつもりで作りました。元画像はこちらです。

c0039924_22335970.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-27 22:39 | 東日本大震災
アーティストも海外から支援
今回の東北・関東大震災では、海外からも支援が来ています。

夕刊で見た記事から引用です。

アーティスト38組が共同でチャリティアルバムを作り、世界同時発売されたそうです。

その中に、先日ブログで書いたジャスティン・ビーバーも収録されているので、聞いてみようと思っています。



【ニューヨーク=田中光】東日本大震災の被災地を支援しようと、世界を代表するアーティスト38組が共同してチャリティーアルバム「ソングス・フォー・ジャパン」を作製し、25日に世界で同時発売された。日本での価格は1500円(税込み)。収益金はすべて日本赤十字社に寄付される。

 震災支援に参加したアーティストは、U2、ジャスティン・ビーバー、ボブ・ディラン、マドンナ、スティング、ボン・ジョビ、エルトン・ジョンら。ジョン・レノンの「イマジン」など往年の名曲や、レディー・ガガの最新ヒット曲「ボーン・ディス・ウェイ」などが収録されている。
購入サイトはwww.itunes.com/songsforjapan


c0039924_1253469.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-26 23:33 | 東日本大震災
Flash 祈り
東日本大震災から早くも2週間が経ちました。

いとしい家族や友人を亡くした人、今も行方不明のままの人、避難所や自宅で不自由で厳しい生活を強いられている人、慣れない土地で仮の生活を始めた人・・・・さまざまな人たちが日々を送っています。



さらに被災地だけでなく、福島原発では先が見えない不安感、度重なる余震、不安定な電力事情などが重くのしかかっています。

ひとりひとりができることをしてもなお、出口が見つかりません。見えているのかもしれないけれど・・・・

今は祈るような気持ちです。  ふだんの生活にろうそくが復活です。

エキサイトでは動作しませんので、FC2ブログを見てください。
c0039924_22233748.gif

[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-25 22:20 | 東日本大震災
おじさんと花束
連れ合いは3月で、第二の仕事を終えます。
c0039924_02343.jpg

今日は、最後の日で花束を抱えて今帰ってきました。他にも荷物があって、まさしく両手に花です。

「東京までは新幹線だからいいけど、東京から家まで帰るのに普通電車じゃ大変だから、グリーン車で帰ってきたよ」

         ↓  眠いのにむりやりポーズを取らされたあずき
c0039924_025789.jpg

おじさんには不似合いな(笑)花束です。リビングが華やぎました。

花束を持って帰るのって、ちょっと恥ずかしいですよね。豪華な花ほど・・・・

4月からはまた何か始めるそうです。

では、おやすみなさ~い。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-25 00:05 | 家庭と暮らし
ペットも被災
家族同然にしていたペットも、飼い主を失うと途端に野良になってしまう恐れがありますね。

人命優先ですから、ペットは二の次になるのはしかたないのですが、生き延びた命なら生かしてやりたい、人に安らぎをもたらすペットを救いたいと思います。

幸運にも飼い主と一緒に助かったペットも、避難所生活だったり、連れていかれない事情があって手放さざるを得ない場合があるかもしれません。

行き場をなくしたペットを助けたり、飼い主さんの支援をしたりするために、動物愛護団体が、義援金や物品の寄付を募っています。

c0039924_21304091.jpg


          ↑  クリックするとちばわん支援ブログにとびます



緊急災害時動物救援本部というところでも、寄付を受け付けています。


緊急災害時動物救援本部とは平成8年の阪神大震災を契機に、被災地救援活動の一環として動物を救済するために設立されたものだそうです。

財団法人日本動物愛護協会
社団法人日本動物福祉協会
公益社団法人日本愛玩動物協会
上記団体と社団法人日本獣医師会とで組織されているものです。

緊急災害時動物救援本部の事務局は財団法人日本動物愛護協会です。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-23 22:06 | 東日本大震災
ちょっぴり支援物資
家族や家を失った上、避難所生活を余儀なくされている人たちにとって、プライバシーを保てなかったり、日用品に不便したり、食事もままならない苦しい生活が続いています。

ボランティアさんたちも現地に入って、活動を始めているようですが、誰でもが現地に行くということにも無理があります。

                           **********

今朝の朝日新聞・千葉版に船橋市が『11品目物資受け付け』しているという記事を見つけました。

対象は大人用おむつ、尿とりパッド、乳幼児用紙おむつ、生理用品、歯ブラシ、トイレットペーパー、紙マスク、ごみ袋(45㍑以上)、紙コップ、紙皿、割り箸--ーーの未開封・未使用の11品目です。

さいわい、市役所の出張所は商店街のそばにあります。これなら、今の自分にもできる・・・・



早速出張所近くのスーパーで物資を調達し、出張所に持って行きました。かさばるものが多いので、両手に花状態です。買占めと思われたかも。


千葉県でも個人の支援物資を受け付けています。問い合わせ先は事務局(043・223・3895)だそうです。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-22 21:30 | 東日本大震災
地震の前と後
道路や鉄道が復旧し、被災した東北地方に燃料・生活必需品などをはじめ、物流が少しずつ回復してきました。これから気の遠くなるような再生の道のりを思うと、言葉になりません。

そんな中で、壊れた家の中から10日ぶりに、高校生とおばあさんが救出されたことはほんとうにうれしいですね。



アメリカのABCニュースの映像から、地震の前と後という画像が載っていました。

マウスを左右に動かすと、津波の爪痕の前と後がはっきりわかります。

三陸の美しい田園や、家並みが、焦土のようになってしまって、時間が戻せるものなら戻したいと思いました。
[PR]
by sakura_nsmr | 2011-03-21 22:53 | 東日本大震災