「無塩せき」って何のこと?
ハム・ソーセージの包装に、「無塩せき」という言葉を見かけます。

前から、どういうことなんだろうと気になっていましたが、そのまま過ぎていました。塩という文字が入っているので、塩と関係あるんだろうな~、無塩というんだから塩が少ないのか~くらいに思っていました。

ソーセージの包装に、「無塩せきとは」という小さな文字を見つけて、これだ~とすぐに読みました。

無塩せきとは食肉製品を製造する工程で、原料肉を亜硝酸塩等の発色剤を使用しないで漬け込む事をいいます。


とありました。さらに調べてみました。

亜硝酸塩等の発色剤や塩・調味料などが入った液(ピックル液)に漬け込む作業を「塩せき工程」といい、その液に発色剤を使わないのが「無塩せき」というそうです。

無塩せきだと、発色剤不使用なので、肉を加熱したままの色で、ピンク色ではありません。塩を使わないということではないのです。

じゃぁ、「塩せき」のせきって、漢字で書くとどういう字?って疑問がわきました。

これが適当な漢字がないのです。「漬」という字を、せきと読ませているみたいですが、無理があるので、ひらがなにしているようです。

「漬」という字は、音読みでは「シ」しかありませんが、「せき」と読んだのは、いったい誰でしょうかね。たしかに、旁(つくり)は責任のせきだけど・・・・

                                 **********

今日のあずき         公園で、バタバタやっているセミと遊びました。
c0039924_2237212.jpg

[PR]
by sakura_nsmr | 2009-09-08 22:38 | 家庭と暮らし
<< Flash 江戸いろはがるたパロディ Flash ウィルスをやっつけろ! >>